バツイチ親父の悲しいブログ

自分の体験談などUPしていきます。

日記
日常のニュース
色々な出来事の感

男が女と別れたいと思う 30 の理由 pat 10



皆さん自立しましょう。


images (2)


これから皆さんが失敗しないために。




男の気持ちが解らない。旦那さんが何を考えているのか理解できない。


結婚している人も、これから結婚される人も、この中の何処かに解決法が


隠されています。一人で悩まず読んでみて下さい。


必ず良い出会い、良い解決に繋がる事と思います。



結局の所

お互いの気持ちのバランスの問題



実際、自分の周りには同じような離婚経験者が多いと言う事もありますが、


相手の事を尊敬し尊重できなくなってしまったのが、私の離婚の引き金に


なったのは間違いありません。私がそう思っているということは


相手も同じように思っていたのでしょう。

 


  
  


images (10)



  


悪循環です。


仕事から帰っても挨拶もしない。食事の支度も無い。最後の頃は、


洗濯も自分でしてました。それは自分のものに触って欲しくない所まで


きていたからです。自分は何のために一緒に生活しているのだろう。

その頃はその気持ちで頭一杯だったと思います。

彼女は 何度も「 洗濯はちゃんと出しておいてクダサイ。」とは言っていましたが。
 
 


決断する最後の年始めの事です。その年は元旦から家族でゆっくり出来ると


思いきやまたです。ご両親と買物にいくそうでした。当然自分も一緒だと思い


着替えて玄関に出るとご両親が居て、そこで新年の挨拶。すると子供と彼女が

次々と出てき、で出来た言葉は 「パパは待ってていいから。」


軽く、はぁ~?とは思いましたが、自分よりもご両親がびっくりしていた

様子でした。 「 いいのかい?}との母親からの問いに面倒なので 「はい。」

「留守番しています。」と言いみんなを見送り、いつの日か正月とは家族で

過ごすものと言う
概念は消えていました。結局朝から出かけ、お昼の用意も

無しにPM8時までゆっくりと家族団らんしてきたみたいでした。

 


私は抜きで。

 


帰ってきてからも、出来物の食事など買って来もせず、自分達が買ってきた

福袋を広げ、楽しそうに整理していました。

自分は言葉も無く上着を羽織、食事を買いに行こうとしたとき、

「ご飯食べて無かったの?」と。

すっとぼけた事を言うもので、「家に食べるもの無いじゃない。正月なのに」とかなり

嫌味のきつい事をいい、買物に出かけました。

途中でだんだん直ぐには帰りたくなくなり、買物より実家なら酒も食うものも

揃っていると思い、急遽歩きで実家まで行く事にしました。

途中で友達とも会い(独身×1)一緒に連れて帰りました。

商売柄、案の定全て揃っていました。別に親に説明するでもなく

その日は実家でゆっくり過ごす事にしました。この日久しぶりに

友達と一緒に笑った気がします。





YouTube_logo_2015svg.png







26歳でファッション好きな彼女が35万円稼いでる件
http://directlink.jp/tracking/af/1443429/cIZyXOxU/







もっと色々な秘密は 無料メルマガで。
無料メルマガ登録はこちら



aoathu

2016-05-26更新







人気ブログランキングへ