バツイチ親父の悲しいブログ

自分の体験談などUPしていきます。

日記
日常のニュース
色々な出来事の感

子供との接し方。

接し方がわからない…



CjNMP_5UkAAkz8o

 

記事を見た。うまく育児参加してもらうには?


我が子と距離を置いてしまう新米パパも少なくないらしい。


新米パパに育児参加してもらうためのママたちの体験談。


子供の面倒を見てもらったとき、( 買物、その他 )


子供の面倒を見ず、自分の事をしていたとしても、


「ありがとう」とお礼を言えると良いらしい。





正直、私は子供が好きではなっかった。同級生が早々と


結婚し子供を連れて遊びに来ましたが、うるさいと思うだけで


可愛いなどと1度も思ったことありませんでした。


遊びに来た子供たちが騒ぎ散らかすのを見て、何度も


怒鳴り散らしたものです。親以上に。


いまだにビビッて近ずかない子もいるくらいです。


変わったのは、自分に子供が出来てからでしょう。


生まれてからは逆に、周りの目に付く子供たちを見ては


「転ばないだろうか?」「親とはぐれているのでは?」


などと気になったものです。


子供が生まれて、初めて父親、母親1年生がスタート


するのですから、多少の出来る出来ないの個人差は


出てくるでしょう。


それよりも、「自分の手間が大変だから手伝って欲しい」


ではなく、「子供の為に良い方法だから手伝って欲しい」


と考えを切り替えてみては、いかがでしょうか?


その言葉を聴いて努力できない父親は、なかなか居ないでしょう。


それに母親の方が接している時間が長いわけですから、


時にはイラつく事もあるとは思います。


ですが、1年生から始めた父親を長い目で見てあげたほうが、


育児参加してもらえるのではないでしょうか。






画像(17)


自分の家では、とにかく出来ることは全てやりました。


仕事がありますので、時間的なことは別にして。


そして、決め事を作りました。自分が家にいるときには


「遊び相手、話し相手になる。子供を怒らない、怒鳴らない。」


子供のために自分で決めたことです。


帰りが遅くても、話せる時には、10分だけでも話しをしました。


面白いものでそれが習慣になり、子供が待っててくれるように


なるんです。試してみたら新しい発見がありますよ。


4,5歳ぐらいになると徐々に自我が成長してきます。


良くあったのが、親子喧嘩です。「子供を怒らない、怒鳴らない。」


と話し合って決めたのですが、全てうまくはいかないです。


想定内ですが。


娘と母親の喧嘩と言うのは、小さくても「女と女の戦い」になります。


これを宥めるのが大変なのです。とりあえず子供を自分の書斎に


連れて行きます。いつも2人になったとたん泣き出します。


それまでは、負けるか!と我慢しているのでしょう。


とにかく怒らない、怒鳴らない。そして落ち着いた所で話を聞きに


彼女の所へ。毎回理由はたいした事ではありません。


悪い事したから手をを叩いた。が叩き返してきて、それから叩き合い


が始まった。いつものパターンです。


子供を怒らない、怒る前に何故いけないのか説明し、諭す。


結局、喧嘩両成敗ということで両者に説明し、握手で終わる。


そこで決まり文句を、彼女が娘に言う。(決められたセリフ)

「わからないなら聞いてよ!」

そこで初めて口を挟む。

「握手した後に、また喧嘩しようとしたマ~マ~の~負~け~!」

子供は大喜びである。これだけの事で機嫌が良くなる。



親も、子供の年の分だけの経験しか無いのです。


子供と一緒に同じように失敗しながら,元気に成長出来れば


良いのではないでしょうか。








■成り上がろうぜ!





PCはもちろんスマートフォンからもお小遣いが稼げる!
アフィリエイトサービスはA8.net
バナー広告ならA8.net





YouTube_logo_2015svg.png
稼ぐためのseo対策




mushanokouji ;aoathu



2016-06-08更新





人気ブログランキングへ